コスメのいろは

COSME de CHARA

もう皆さんご存知だと思いますが、一度メイクアップの手順をまとめてみましょう。

お使いになっているコスメを見直すのに役立つかな。

メイクアップの手順

基礎化粧(スキンケア)

ベーシックスキンケア

  • クレンジング(メイク落とし)
  • 洗顔(石鹸・フォーム)
  • 化粧水
  • 乳液・クリーム
  • ゲル

スペシャルケア(パーソナル・オーバーケア)

  • ブースター化粧品
  • パック(シートタイプ・マスクタイプ・部分ケア)
  • クリーム
  • 美容液

化粧下地

  • クリーム
  • 乳液
  • ジェル
  • 日焼け止め
  • コントロールカラー

ファンデーション(ベースメイク)

  • リキッド
  • クリーム
  • 乳化
  • スティック
  • パウダリー
  • ジェル
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー

アイメイク

  • アイシャドー(パウダリー・リキッド・クリーム)
  • アイライナー(ペンシル・リキッド・ジェル)
  • マスカラ
  • アイブロー(パウダリー・リキッド・ペンシル)

チーク(頬紅)

  • パウダリー
  • 練り・液状
  • スティック

リップ

  • リップスティック
  • グロス
  • ティント

 

書き出してみると、なんという行程数なのでしょう。

自分のしていることとはいえ、朝からこの行程を経て、お出かけしていると思うと・・・なんかスゴイ。

 

[ad]

 

女の子は、いくつになってもお洒落がしたい。

全行程を網羅している人もいれば、だいぶ端折っている人もいるでしょう。

いろんなことを意識すればするほど、気になる部分は多くなるものです。

もしかしたら、意識の仕方を変えるだけでもいい?

もっと気楽にしたいのに・・・。

手軽に・・・

しっかりメイクしたいのに、時間がない・・・。

加齢とともに隠したい場所が・・・。

メイクアップに悩みはつきものです。

メイクアップの要点を掴もう

自分のことをよく知ろう・・・そう心がけることから始まります。

要点って、何?

そう思う方もいると思います。

要点ごとに記事を書いていきますのでご安心を。

自分のことを知ろう

  1. 肌質
  2. 肌色
  3. 肌艶
  4. 毛穴
  5. 吹き出物
  6. シミ、そばかす、かんぱん
  7. しわ
  8. 張り
  9. その他

細かいところを言いだしたらキリがないので、大きく分けて書き出してみました。

(要点ごとの解説は後に記述します。)

この要点をどうしたいのか。

ここまでわかれば、あとは解決方法へと繋がります。

どんなコスメをどのように使えばいいのか。

余計なことを端折ること

いろんなことをカバーしようとすれば、あれもこれも・・・と手を伸ばしがちです。

そのために、時間もお金も無駄にしてしまっている場合もあります。

思い切って、全体を見直して、断捨離するのも大事なことです。

ケアは外からだけでなく、内からの場合もあります。

心理的な問題は、内からケアしないといけません。

問題や悩みを解決しようと意識を向けて、自分の心と向き合うことも必要です。

それはまた追々に。

 

[ad]

 

全体を見直して改善していく

コスメを効率よく、出来るだけ単純な行程にしていきつつ、しっかりメイクできる。

問題や悩みをしっかり見つめて、解決しながら、自分らしさを見出していける。

すると、自然に内側からの輝きが出てきて、キレイになっていくんです。

輝きが出てくるものなんです。

必要以上のことはしない

全体を見直して、不必要を手放していけば、時間もお金も節約できます。

折角の個性を自分で消してしまわないように。。。

必要なところに、必要なだけ使う。

できるだけ「ありのまま」の自分を愛せるように。

お手伝いさせていただきます。