スキンケアの基本 〜洗顔編  

COSME de CHARA

「美肌を作るため」に必要不可欠なことがあります。

それぞれ皆さん何かしらの“お悩み”を抱えていますよね。

そんな方々との出会いの中、そのお悩みを解消するお手伝いがしたいと思い、「COSME de CHARA」を立ち上げました。

スキンケアでもメイクアップでも一番の基礎となるのはお肌づくり。

意外に知らない人が多かった「スキンケアの基本」についてお伝えしていきます。

最も大切なのは洗顔と水の温度

洗顔は大きく2つに分かれる

①洗顔石けん、洗顔フォームなど汗や皮脂汚れなどを落とすもの。

②クレンジングというメイクアップなどの油汚れを落とすもの。

まずは、誰もが行う、汗や皮脂汚れなどを落とすための洗顔と水の温度について。

洗顔料は必ず泡を立てて使用する

(ネットや専用アイテムを使用すると手早くきれいな泡が立ちます)

  • 泡が汚れを包み込んでお肌から除去してくれます。
  • 泡立てが不十分だと洗顔料の効果が十二分に発揮されないこともあります。

泡で顔を洗う

(顔と手の間に泡のクッションがあるように)

  • 手の力を抜いて優しく泡で顔を包むように洗顔して下さい。
  • 小鼻周りや皮脂の分泌が多いと感じる方は気になる箇所を、中指や薬指の腹を使い小さくクルクルと円を描くように。

 

⚠️ここ大事⚠️

実は、すすぎ・洗い流す水の温度がとっても重要なんです!!!

おすすめの温度は、ぬるま湯(32〜34℃)です。

ただ、肌質によって様々です。

*普通肌の方は34〜36℃くらい

*乾燥肌や敏感肌の方は30℃〜34℃くらい

*脂性肌の方は35℃〜38℃くらい

夏期の体感温度と冬期の体感温度は違います。

ご自身の基礎体温によっても体感温度は多少変わってくると思います。

自分の丁度いい温度を知っておくのも鍵ですね!

丁度いいぬるま湯ってどれくらい?

ぬるま湯に手をかざして、温かくもなく冷たくもなくという感じです。

気持ち少しひんやりと感じるかな!?というのを目安にしてみて下さい。

丁寧にすすぐこと

髪の生え際や耳の下、あご先などのフェイス周りまでしっかり優しく丁寧にすすいで下さい。

洗浄成分が残っていると肌トラブルの原因になります。

温度設定してある給湯器や、ボイラーから出てくるお湯でそのまますすいでしまったり、お風呂やシャワーを浴びた時の温度のまま…なんてことありますよね。

私もあるある…な出来事ですが(^^;。

丁寧にすすぐ=無意識に手に力が入りがち!力加減にも気をつけて。

このことを気をつけるだけで、かなり素肌に差がでます。

補足

すすぎ、洗浄の温度に気をつけると・・・。

  • 毛穴がちょうどいい具合にゆるむので、汚れを程よく落とすことが出来る
  • 過剰に皮脂を洗い流し過ぎないので、適度に肌に潤いが残る
  • ちょうどいい温度だとストレスなくしっかりすすぐことが出来る

水分を拭き取るタオルにも注意!!

  • ゴシゴシこすらない。
  • タオルをやさしく肌にあて水分を吸わせるように。
  • タオルも毛羽たちのない柔らかいものを使用する。

 

洗顔編は、これで終わりです。

次は、クレンジング編です。

 

コメント